iconBlueberry magazineブルーベリーマガジン

JGAP

2018.09.07

JGAP研修

pic

こんにちは。
ブルーベリーファクトリー岐阜、園長の石見です。

県職員の方が研修にお越しになりました。



今回は、JGAPを取得した経緯についてや企業として観光農園の分野に参入したいきさつについて等をお話しさせて頂いた後に、当園のJGAPの取り組みについて農園の見学を交えながらご説明させて頂きました。


初年度からのJGAP取得は大変珍しいことですが、50年以上製造業を続けてきた弊社が異業種への参入を機に初のB to Cビジネスへ挑戦するにあたり、食の安全にはこだわりたいと思った事と、従来の製造業がISOを取得していた影響で継続的改善の重要性を感じてきたことから、準備期間中の2017年からJGAPを土台とした生産工程管理を導入しはじめ、2018年4月に正式な認証農場となりました。


実際にJGAPを取得して感じたことは事業としての体制が整い、安全性・信頼性の証明が出来るということです。
農園の管理体制についてご説明させて頂きますとお客様にも安心して頂けますし、初年度から、都内の行列の出来るお店や県内の観光地からの出荷依頼がたえませんでした。


特に最近では世の中の変化のスピードが早く、1年も経つと経営環境も大きく変わってしまいます。わたし達は、日々改善を繰り返し、より良い農園のあり方を常に検証しております。

一覧に戻る

Pick upおすすめ記事

Rankingランキング

Categoryカテゴリ

農園・ブルーベリー狩りご相談など
お気軽にお問い合わせください。

toTop