iconAbout経営理念

  1. 経営理念

history

事業経歴・資格取得歴

2016年4月
大洋技研工業(株)が新規事業として立ち上げる
2017年8月
JGAPtrainer指導員に2名が合格
2018年4月
JGAP認証農場に認定
2018年6月
プレオープン
2018年8月
「清流の国ぎふ」おもてなし食材披露会に参加
2019年7月
「清流の国ぎふ」まるごと食マルシェ食材披露会に参加

News report

マスコミ報道経歴

2018年マスコミ報道経歴を見るoff

2019年マスコミ報道経歴を見るoff

2020年マスコミ報道経歴を見るoff

Quality Introduction

品質紹介

いつ来ても美味しい!バラつきのない品質

ポタポタポタ…と涼しげな自動かん水と
清潔に保護しているポット内が美味しいブルーベリーづくりのヒミツです。
ゆっくりじっくり染み込ませた栄養たっぷりの養液は
ムラなく広がり土全体にいきわたります。

吸収根が出る!元気な枝が出る!

ブルーベリーに特化した資材のみ厳選して使用し
ポットの中は常に安定した保水性と通気性の両立が保たれています。
適度な湿り気、酸性の維持、高い酸素濃度…。
ブルーベリーにとって最適な環境で
生育に必要な吸収根がすくすくと育ち、勢いある枝が育っていきます。
自動化したことにより再現性の高い栽培が可能となりました。
私たちは安定して高い果実品質を守るため、常に現場での検証を続けています。

Quality Introduction

安全性について

pic1

人と環境に優しい営農を目指して…。

安全性に関する取り組みは、私たちの永遠の課題です。
農園に食の安全に関する責任者を置き、衛生的な施設運営と教育指導を行っています。
果実生産・農作物の取り扱いに関しては、第三者機関による検査を実施しており、 一般財団法人日本GAP協会(http://jgap.jp)の審査基準をクリアして 食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証を受けています。

Staff

スタッフ紹介

  • staff1

    農園長石見 亜美

    ニットオートクチュール会社の制作・講師経て、家業の大洋技研工業(株)へ入社。
    同社の新規事業ブルーベリーファクトリー岐阜の企画・運営に携わる。
    立ち上げと同時に心血を注ぐために、岐阜県川辺町へ移り住みブルーベリー栽培を開始。
    オープン時は28種類だったブルーベリーを100種類1500本まで拡大し、前年の倍程度の収穫ができるようにまで栽培。
    収穫量が多くなったことでブルーベリー染めや加工食品製造への展開を進めはじめる。
    東海地区最大級のブルーベリー農園には、種類の豊富さから関東関西からもお客様が訪れるようになった。

    【活動経歴】
    2019年6月25日
    1day食農体験
    2020年2月20日
    明日の加茂農業を考える会(外部講師として登壇)
  • 2017年JGAP Trainer指導員に2名が合格しました。

    trainer

Philosophy

企業理念

伝える体験型農園

1

顧客第一主義

顧客第一主義

丹精込めて育てた果実と細やかなサービスで、お客様に素敵な夏の思い出を提供します。

2

品質至上の仕事

品質至上の仕事

日々、現場主義をモットーに安全・安心な果実づくりに努めます。

2

エコロジカル農業

エコロジカル農業

環境に配慮した営農に取り組みます。

私たちは、法令を遵守し、農場管理の仕組みを継続的に改善します。
上記事項を達成することにより、安心・安全・高品質な果物を提供し、 お客様の笑顔が溢れ、従業員、地域から信頼される農園を目指します。

Company Background

企業背景

トップページに戻る

toTop