iconBlueberry magazineブルーベリーマガジン

  1. メンデイト(8月上旬~8月下旬)

Blueberry varieties

2018.01.27

メンデイト(8月上旬~8月下旬)

pic

メンデイト(Menditoo)収穫時期:8月上旬~8月下旬

メンデイトはブルーベリー狩り園ならではの品種です。
黒光りするような濃い果実色が特徴的ですね。


現在のラビットアイ系栽培品種はアメリカ南部のジョージア州、フロリダ州の大きな河川沿いや湿原にかけて分布していた野生種からの改良が進んだもので、品種改良が始まる以前、フロリダ州には、ブラックジャイアント(BlakGiant)、クララ(Clara)、マイヤーズ(Myers)、ホゴット(Hogood)などの野生からの選抜種がありました。

例えば、ジョージア州のエセルなどの野生選抜種は薄い果実色が特徴ですが、フロリダ州から選抜されたマイヤーズなどは濃い果実色が特徴的です。

このメンデイトの交配親は共にフロリダ系野生選抜種のマイヤーズ×ブラックジャイアントです。



樹もどことなく野生種っぽさを感じませんか?
メンデイトの渋い雰囲気はこの交配親の特徴を受け継いだからなんですね。


ブルーベリーはブルーム(果実の表面についている白い果粉)が多い品種の方が市場価値が高いので、ブルームが少なく濃い果実色が特徴のメンデイトは、どうしてもマイナーな存在になっています。また薄い皮で果肉が柔らかく果汁が出やすいので出荷にはあまり向かない品種です。

しかし…、


このメンデイト、とても糖度が高くて美味しいです。
見た目の野生的な雰囲気からは想像がつかない程、甘くて食べやすいです。

その興味深い外見と甘味系で柔らかく舌触りの良い果実は、摘み取り園でそのままお召し上がり頂くには大変オススメの品種なのです。


シーズン後半(8月上旬~8月下旬)にお越しになられる方は、是非このメンデイトを探してみて下さいね♪



◆系統
ラビットアイ系

◆原産国:アメリカ
1958年発表。

◆交配
マイヤーズ×ブラックジャイアント

◆家族品種
マイヤーズ(親)
ブラックジャイアント(親)
コースタル(兄弟)
キャラウェイ(兄弟)
ホームベル(兄弟)
ブライトウェル(子)
パウダーブルー(子)
オクラッカニー(子)



メンデイトについてはこちらもどうぞ♪
「ブルーベリー図鑑」

※メンデイトはキャラクター化予定です。ウェルのお父さんですよ♪お楽しみに♪

一覧に戻る

Pick upおすすめ記事

Rankingランキング

Categoryカテゴリ

toTop