iconBlueberry magazineブルーベリーマガジン

JGAP

2019.03.05

JGAP

pic

JGAPを取得した経緯は、50年以上製造業を続けてきた弊社が、異業種への参入を機に、初の「B to C」ビジネスに挑戦することになり、食の安全にはしっかりと取り組みたいと思ったことと、品質向上と環境保全の両立した信頼される農園づくりを目指していきたいと思ったことがきっかけです。

JGAPは、生産工程管理の手法。
農業運営、食品安全、環境保全、労働安全、人権・福祉など、お客様の視点でマネジメントの大切なポイントがバランスよく標準化されています。

JGAPを取得し、農場の見える化推進を行っていくことで確実に農場管理レベルをランクUPすることが出来ると感じました。









当園オリジナルの風土がJGAPに加え、製造業の分野で広く活用されている5Sマネジメントを農場ルールに組み込んでいることです。



「必要なモノを必要な分だけ」「作業の後は整理整頓清掃を行う」といった基本的なことが身についているかどうかで作業の質が変わってきますし、日々コツコツと改善活動を行っていくことが確実に明日の農場をつくっていくと感じております。

スタッフ教育の土壌整備となる仕組みを早い段階から導入したことは今や大きな助けとなっております。








2018年6月はじめての農園オープン!スタッフのお孫さんが遊びに来てくれました。当園のございます岐阜県川辺町出身のファミリーです。未来に繋げていける営農をしていきたいですね。


2018年はFC岐阜のライアン選手がご来園!地域の代表として信頼される農園を目指していきたいです。


















一覧に戻る

Pick upおすすめ記事

Rankingランキング

Categoryカテゴリ

農園・ブルーベリー狩りご相談など
お気軽にお問い合わせください。

top_bnr2
toTop

名古屋から車で1時間!
東海地区最大級のブルーベリーテーマパーク「ブルーベリーファクトリー岐阜」

0574-52-2221 営業時間:9:00〜17:00(不定休)